他のてんかん薬でダメならラメズ

他のてんかん薬でダメならラメズ

ラメズは他のてんかん薬を投与しても十分な効果が得られない場合に服用することになるお薬です。てんかんだけでなく、躁うつ病の治療にも用いられ、浮き沈みの激しい気分を鎮めてくれます。

躁うつ病治療薬が効かない時のラメズ

ラメズとは、抗てんかん薬として使用されてきた先発薬のジェネリック医薬品で、有効性と安全性と有効性が確立されているものの、日本では未認可の薬です。日本では先発薬の特許期間が切れるまで、ほぼ同等の成分であるジェネリック医薬品が販売できないため、購入の際には海外からの個人輸入で入手する必要があります。輸入代行業者などを利用すれば、手続きの手間を省き安価に購入する事が可能です。

ラメズは抗てんかん薬と利用されるほかに、躁うつ病治療薬としても服用されています。躁うつ病は、その名の通り躁とうつを繰り返す心の病気で、再発率も高く治療が長期にわたる事が多いのも特徴です。ラメズは脳神経の興奮を抑える効果のある薬なので、気分の浮き沈みを抑制し症状の緩和や再発を防止する効果があります。他の躁うつ病治療薬には、躁状態やうつ状態を抑える治療薬は存在していましたが、再発を抑える効果的な薬が存在していませんでした。ラメズの登場で、躁うつ病の再発予防が可能となり、患者が長く平穏な日常生活を送れるようになりました。

ラメズを使った基本的な治療法は、1日25mgからはじめ徐々に薬の量を増やし、1日100mgから200mg程度の服用を行います。他の薬剤を使用している場合は、用法用量が変わるため注意して下さい。最大投与量は1日500mg以上が可能ですが、一般には200mg以上投与しても効果が増える事はないという研究報告もあり、1日の投与量が増えれば副作用が発現する可能性も上昇します。軽い副作用には頭痛やめまい、発疹や眠気などがあり、まれ起きる重い副作用には皮膚障害があります。重い副作用は用法用量を超えた投与が行われた場合に発生したケースがほとんどなので、適量を守って服用を行いましょう。

ラメズのプラセボによる臨床実験結果

ラメズとは、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン社が販売している、抗てんかん薬のラミクタールのジェネリック医薬品です。てんかんは脳細胞の電気信号の異常反応によって、全身もしくは部分的にけいれんが起こる疾患です。抗てんかん薬の助けを必要とすることによって、脳の過剰な興奮を抑えることができます。ラメズは他の抗てんかん薬を基準にしたうえで、併用し、治療というよりも予防薬としての役割を持っています。ラメズは厚生労働省の認可が降りていないため、保険の適用を受けていません。入手方法としては、個人輸入(通販)の方法があります。価格は通販サイトにより異なりますが、ラメズ25mgだと100錠で¥3,980と送料がプラスされます。医療機関を受診する際の診察料や診療時間にかかる負担は軽減されます。1日2回程度の服用で、効果も即効性ではないため、長期期間服用が必要となってきます。服用しても効果はあるのか、という疑問が上がってくるでしょう。ラメズを半年間服用した場合と、でんぷんの粉やビタミン剤をいった錠剤を薬に似たようなもの、これを偽薬といいますが、この2つを比べた臨床実験を行いました。実験を行った100人に対して服用した半数近くが5か月程度の期間、てんかん発作の再発を予防できたという結果がでています。ちなみに、偽薬を服用していた残りの半数近くは、2か月程度の期間で再発してしまいました。抗てんかん薬を服用することによって、てんかん発作の再発をすこしでも長い期間予防できたということです。てんかん発作の予防には正しく服薬を守っていただくとこが大切ですが、睡眠不足や偏った食事やストレス等でも、脳の刺激に影響しますので、合わせて規則正しい日常生活を送ってください。

ラメズの国内処方について

てんかんの特徴として、突如発作が出るというのがあります。てんかんによる発作は、いつまでも続くわけではなく、短い時間でおさまるケースが目立ちますが、いつ発作があらわれるか分からない場合が多いため、てんかん患者の生活の質を落としてしまいます。
発作に不安を持つてんかん患者のために、発作の症状を抑える抗てんかん薬が存在しています。ラメズという医薬品も、抗てんかん薬の一つです。ラメズには発作を抑える力の他に、双極性障害といわれる躁うつ病の気分安定剤としても、高い効果を発揮してくれます。
ラメズはよく知られている医薬品ですが、国内処方はされていません。ジェネリック医薬品に該当するものであり、国から許可されていないからです。とはいえ、海外の多くの国では普通に処方され、利用されている医薬品とあり、使われている成分も正規品と同様ですから、薬の効き目自体は問題がないものです。
国内処方が許されてはいないものの、個人が海外から輸入するという方法に関しては、条件付きで許可されています。今現在の条件として、基本的な用法や用法にて1ヶ月分の商品であれば、輸入が許可されている状況です。ラメズの場合だと、1日400mgまでの用量が許可されることになりますから、1回の個人輸入で、240錠までを購入できる計算になります。但し、ラメズを服用の際には、1回の用量を200mgまでに抑えるようにしましょう。1日に服用できるのは、2回までになります。
個人輸入をするには、輸入代行業者のサイトを利用するのが便利です。日本語のサイトならば、国内の一般的な通信販売のように、気軽に利用できます。しかし、中には偽物を売る業者も存在しますので、十分気を付けましょう。
■他のてんかん発作を抑制する薬
テグレトールの効果・副作用について