他のてんかん薬でダメならラメズ

ラメズは他のてんかん薬を投与しても十分な効果が得られない場合に服用することになるお薬です。てんかんだけでなく、躁うつ病の治療にも用いられ、浮き沈みの激しい気分を鎮めてくれます。

ラメズはてんかんや躁鬱の症状を治療する薬です

ラメズは、てんかん治療のジェネリック医薬品として、知られている薬になります。てんかんの症状として、意識障害や全身、もしくは身体の一部が痙攣するようになりますが、脳の神経細胞の電気的な興奮を抑えることで、これらの症状を防ぐことができるのが、ラメズのよさです。
ラメズは抗てんかん薬として使われるだけでなく、躁鬱の症状に有効に働く薬としても知られています。躁鬱とは感情の起伏が激しい状態で、躁状態と鬱状態を交互に繰り返す特徴があります。
以前は躁鬱病と呼ばれていた疾患ですが、現在では双極性障害という名が広まっています。双極性障害には2つのタイプが存在し、I型と呼ばれるものは、躁状態と鬱状態が両極端で、躁の状態では興奮が強く、怒りっぽい、不機嫌になる、やたらと調子がよくなるなどの症状が極端にあらわれます。
鬱の状態にもなりますが、テンションが高い躁状態が見られることから、普通の鬱病と見分けがつきにくいという問題点があります。
II型と呼ばれるものも、躁鬱を繰り返しますが、躁状態が比較的軽度であるのが特徴です。鬱状態が長いため、軽い躁状態があらわれると、調子がよいと錯覚してしまい、病気に気づきにくいのが厄介な点です。II型はI型に比べると軽度といわれているものの、同時に摂食障害や不安障害、アルコール依存症などを合併しやすいため、危険なタイプともいえます。
ラメズにはこれら双極性障害の気分安定薬として使われ、その症状の再発を防止する効果があります。てんかんも双極性障害も、根気よく病気と向き合っていく必要があるため、薬代などの医療費の負担が大きくなるのが難しいところです。そのような問題を解決するためにも、ラメズのようなジェネリック医薬品が活躍してくれます。