他のてんかん薬でダメならラメズ

ラメズは他のてんかん薬を投与しても十分な効果が得られない場合に服用することになるお薬です。てんかんだけでなく、躁うつ病の治療にも用いられ、浮き沈みの激しい気分を鎮めてくれます。

妊婦にも影響が少ないとされるてんかん予防薬ラメズ

ラメズは、てんかん発作予防薬であるラミクタールのジェネリック医薬品です。ジェネリックであるため、ラミクタールより手ごろな値段で入手することができます。最近では、てんかんだけでなく、双極性障害についても効果が認められるようになってきました。主成分はラモトリギンという物質で、脳神経を安定させる効果があります。このラメズは、妊婦に対しては、ほかのてんかん発作予防薬に比べて催奇性が少なく、胎児への影響がほとんどないとされているため、ほかのてんかん予防薬を使用している妊婦または妊娠希望の女性に対して、ラメズに変更して処方されることもあります。ただし、ほかの薬と併用した場合は内服量の調整が必要ですので、妊婦だからといって安易にラメズに切り替えたりせず、医師と相談の上、体調に合わせた処方を受けることが重要です。特に、妊娠・出産を希望しているてんかんや双極性障害のある人は、事前に医師に相談し、薬の効果や量、飲むタイミング、他の薬との相互作用について理解した上で、早めに切り替えておくことが望ましいでしょう。副作用としては、眠気、めまい、注意力・判断力の低下などが見られることがありますので、車の運転などは控えましょう。また、皮膚障害として口腔内がただれたり、目の充血やのどの痛みがあらわれる場合があり、まれに劇症化します。服用を始めてから、粘膜や皮膚になんらかの異常が現れた場合はすぐに医師の診察を受けることが大切です。また、突然の断薬はよりてんかん発作や双極性障害を強く引き起こすことがあります。薬を辞めたいと思ったときも、医師とよく話し合い、減薬から始めるなどの措置をとってください。自己判断での投薬量の調整は不可です。